百害あって一利なし

婚活期間において避けるべきものとされる最たるものは、ズバリ「女子会」と言えるでしょう。既に結婚している友達を考えてみてください。「女子会」参加率は割と悪いと言える人たちではないでしょうか。このような「女子会に参加しない女子」というのは、たいしてオシャレでなかったり、それどころか男勝りというタイプの女子だったりするのではないでしょうか。こういった女子たちは比較的「結婚願望もあまりない」という驚くべき共通点もあるでしょう。それでも婚活に必死になっている女子よりも早く結婚できるのは「自分に必要なもの」を選択する力があるからと言えるでしょう。やたらめったら「女子会やろー!」「ご飯しよー!」という女子は、大体堂々巡りの会話しかしていないというイメージがあります。意義のある時間を選択できるということは、意義のある人生を選択できることに直結するでしょう。何時間もぐだぐだと「昨夜のテレビ番組」について会話を続けるような女子に、男性ははっきり言って「未来」を見ることはできないでしょう。もしも、どうしても誰かとおしゃべりしながらご飯が食べたいのであれば、既婚者の友達との食事会をオススメします。結婚を真剣に考えるのであれば、すでに結婚したプロに話を聞くべきでしょう。同じ立場で「結婚したーい」と言い合う女子会に未来はありません。結婚するために何が必要か、既婚者の話を聞いて考えることが必要でしょう。結婚は縁でもありますが、その縁を引き寄せるための「自分」磨き抜きでは実現しないものなのではないでしょうか。まずは自身の参加している「女子会」の意義とメンバー設定を考え直してみると良いかもしれません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です