理想の結婚

ひと昔前の理想の結婚と言えば、良妻賢母が家を守り、夫は外でバリバリ働き家計を支える。そんな姿がステレオタイプと言われていたのではないでしょうか。この理想像は、ひと昔前のものと思いきや、女子の間では現在でも根強い人気がある「理想像」と言えるようです。しかし、ちょっと待ってください!このような夢物語とも呼べるような結婚観を未だ本気で崇拝している女子というのは、男性にとってはとても恐ろしい存在でしかないでしょう。そもそも、本当に現代人なのだろうかという不安がぬぐえないところから恋愛がスタートするとは到底考えにくいでしょう。男性目線から言わせてもらうと「辛い現実からの逃避」としか思えないような理想像のひとつと言えるかもしれません。このような未来を本気で抱いている女子、気を付けてください!それは若干「ヤバイ女」に片足を突っ込んだ状態と言われてもおかしくありません。「結婚して幸せになりたい」という漠然とした発言をするのがこのタイプの特徴と言えるでしょう。女子に「良妻賢母」になるための修業をしてきたと言われれば言われるほど、男性は敬遠してしまうということを覚えておくと良いでしょう。「男は外で稼ぎ、女が家を守る」という昔の理想は、もはや歴史上の理想と心得るところから始めると良いかもしれません。もちろんそのために「自信を磨く」ことは悪いことではありません。しかし、理想を前面に出してしまうのは、婚活において障害となってしまう可能性のほうが高いでしょう。現代を見つめ、理想を相手に押し付けるような婚活ではなく、相手との理想の結婚を共に描いていけるような可能性を持った女性であると感じさせてくれる人に、男性は未来を夢見るのではないでしょうか。思い込みや理想から離れ、どんなことでも臨機応変に楽しんでいける人こそ、現代において「理想的な女性像」と言えるのかもしれません。