「いつもと違う」を楽しむべし

婚活において、外見はとても素敵なのに「敬遠されてしまう女性」というのがあると思います。こういう人たちは「スキがない女性」と呼ばれるタイプの女性たちだと思います。
本来であれば「真面目」というアピールすべきポイントが、男にとっては逆に「スキがない」という風に感じてしまうこともあったりします。そもそも男にとって理想の結婚相手と言えるのは「安らぎ」や「癒し」を与えてくれるような女性像が大半を占めていると言えるでしょう。真面目でこだわりが強いというのはダメなことではないですが、大切なのは、一緒にいて安らげるかどうかというところにある気がします。ただでさえ男は社会生活のなかで多大なストレスを抱えながら戦っているわけで、そんな中で家庭でも落ち着けないという状況を想像させてしまう女性というのは、いくら素敵でも「結婚しよう」とは思えないというのが本音でしょう。また、居心地のいい存在というのは、婚活だけでなく、人間関係にとっても重要なポイントであると言えるでしょう。仕事でも家庭でも、居心地のいい関係を築いていける人とは、長時間一緒に居ても苦痛ではないし、仕事のパートナーであれば、より良いパフォーマンスを目指せるのではないでしょうか。相手に窮屈な印象を与えてしまう「スキなし女」にならないためには、良い意味で「適当な部分」を持っているとぐっときます。感情が表に現れにくい女性というのも「スキがない」と感じてしまうこともあり、無理することはオススメしませんが、感情が出にくい自覚があるのであれば、無理のない程度に明るい色の服を着てみたり、自分の感情を自覚するために日記をつけたりしてみるのも良いかもしれません。ほかにも「意外な趣味を持つ」と言うのも素敵かもしれません。しかし、印象というのは、あくまで相手の受け取り方が中心とも言えるのであまり神経質にならず、ごくたまに「いつもとちょっと違う自分」を見つけていく作業をしてみるだけでも素敵かもしれません。