女子会参加率と未婚率

婚活に励んでいる女性の間では「他力本願女子」と呼ばれる女子が話題になっているようです。

この「他力本願女子」というのは、今まで結婚できなかった原因は自分にあるのではなく、「よい出会いがない」「自分の良さを分かってくれる男性と出会えていない」などと、その原因を周りのせいにしているといった特徴があげられる女子のことを指しているようです。こういった女子は、恋愛関係が破綻するたびに、原因を相手に押しつけ、反省をしないという残念な女子といえるでしょう。

彼女たちは口をそろえて「私みたいな”いい女”に気付かない男とは付き合えない」などと言うことから、超高層ビル級のプライドをもっていることがわかるでしょう。自分への賛美が大きいあまり、他者への関心が薄いというのは女性として大きな問題とも言えるのではないでしょうか。多少のプライドというのはあるに越したことはありませんが、高すぎるプライドというのは、婚活においては「障害」でしかないでしょう。

このような「他力本願女子」を量産してしまう恐ろしいものの一つに「女子会」の存在が挙げられるでしょう。「女子会」と言うのは、響はかわいらしいものの、その内容たるや、仕事終わりに居酒屋で口に出せない愚痴をたらたら語る不毛な飲み会となんら差はないといえるでしょう。

アルコールを摂取して寝不足になり、次の日にまたストレスをため続ける…そんな毎日にまた愚痴る…そのような負のループに陥る前に、「今」を変える努力をすることが大切なのではないでしょうか。もちろん、意識の高い女子会というのはよいでしょうが、愚痴ばかりが先行し、時間とお金を浪費するだけの女子会に参加するくらいなら、ひとりでせっせと自分磨きをした方が賢明と言えるでしょう。

中には現状の抜け出し方が分からない人もいると思います。そんな時はまずプロの方に相談しましょう。

例えば神戸の婚活やお見合いなら出会いのサポート結婚相談所えんむすび屋や、周りの方が行っている結婚相談所など自分の信頼できるプロの方と話しをすることで現状の打開への1歩を踏み出せるはずです。

本気で結婚をしたいと考えているのであれば、仲良しさんに「NO」を言える女性になることが一番の近道と言っても過言ではないでしょう。「選択」する力を身につけることができれば、自然と「自分に必要なこと」というものを考え、選び取っていける女性に近づいていけるのではないでしょうか。